*

健康な体を維持してくれる必須脂肪酸

イワシ、サバ、マグロなどの青魚に含まれて健康成分としてよく知られているのは、必須脂肪酸と言われるEPAとDHAです。

この脂肪酸は、油脂を構成する要素の一つで、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに分かれ、「不飽和脂肪酸」は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類できます。

さらに、「多価不飽和脂肪酸」は、「n-3系」と「n-6系」に分類され、「n-3系」の中には、EPAとDHAが存在し、このEPAとDHAの2つは健康な体を維持するために欠かせない健康成分となっています。

しかし、人の体は、こうした「多価不飽和脂肪酸」を体内で合成することができません。

普段の食事で、摂取する必要があるので、必須脂肪酸と言われています。

脂肪酸と聞くと、どうしても、すぐに太るのでは? と思われて敬遠しがちですが、実はEPAとDHAは、体の中で血液中にあるコレステロールを低下させたり、中性脂肪の値を低下させるなどの健康生活に必要な働きをしています。

血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなると、どうしても血管の中を流れる血液がドロドロ化して流れが悪くなってしまいます。

すると、血液が血管の中で固まってしまい、動脈硬化や血栓などを作り、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる重病を発症するリスクが高くなってしまいます。

そんな危険な状態を、EPAとDHAはコレステロールや中性脂肪を低下させて、血液をサラサラに改善してくれます。

特に、EPAは、血液をサラサラにするという効果だけでなく、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和し、さらに、最近は、京都大学の研究チームが体脂肪を燃焼する効果も期待できると発表しています。http://www.shinkitahara.com/

また、DHAは、がんを予防したり、視力をよくしたり、脳の活動を活発にするなどの効果があると言われています。

健康な体をいつまでも維持できるように、積極的にイワシ、サバ、マグロなどの青魚を食べるように心掛けしましょう。

 



コメントする