*

多重債務者とヤミ金

今の日本は消費税の増税、物価の高騰、電気料の値上げ、ガソリン代の値上げ、年金受給金額に引き下げなど一般家庭の経済状況が大変厳しくなっています。

その一方で裕福層は更に裕福となり、経済的格差が広がる一方となっています。

そんな中、毎月の生活費や子供の教育費で生活が厳しい方も多いでしょう。

最近は母子家庭の貧困も問題となっています。

子供の教育費などは奨学金や国や民間の教育ローンがあります。

しかし、これらも借金です。

返済していかなくてはいけません。

子供の数が多いほど、お金はかかります。

民間の教育ローンからも借り、一般的な金融機関から借り入れて、返済に首が回らなくなるケースもあります。

子供の教育費だけではありません。

生活費もあるでしょう。

色々な消費者金融から借り入れし、返済が遅れる、更にはお金を返す事も出来なくなります。

こういったケースを多重債務と言います。

多重債務者は一般の消費者金融から借り入れが出来なくなります。

しかし、サラ金やローンの借金を返済しなくてはいけません。

こういった方が借金を返す為にお金を借りる事が出来るのが、ヤミ金です。

ヤミ金は金利が高いのですが、他に借りるところが無いので仕方なく、ヤミ金から借り入れする方も多いです。

こうして、どうしても借金を返すことが出来ずに弁護士の方に債務整理をしてもらい、自己破産する方も多いです。

これから更なる増税も考えられる事から、生活をかなり節約し、身の丈に合った生活を強いられる事になるでしょう。



コメントする